瀬田川流域観光協会

 大津市南部の5観光協会を統一して新たに大津南部の観光をより活性化するため、設立されました。瀬田、石山、晴嵐、南郷、大石、田上地域は大津市南部の観光を担っております。

 西国三十三箇所石山寺、近江一ノ宮建部大社をはじめ 近江八景の3箇所を保有する歴史文化の宝庫と言われています。瀬田の清流で育まれた暖かいおもてなしを広く皆様にお伝えいたしたく会員一同おまちいたしております。是非今後の活動をご期待くださいませ。

石山秋月

歌川広重 近江八景(魚栄板) 石山秋月

 石山寺は奈良時代 聖武天皇の勅願により東大寺良弁僧正が開基した古刹。 源氏物語に「石山寺の秋の月」と記されているが、本堂内には紫式部が源氏物語の構想を練ったと言われる「源氏の間」がある。

歌川広重 近江八景之内(保永堂板) 石山秋月
歌川広重 近江八景之内(保永堂板) 石山秋月 
大津市歴史博物館 蔵

 また後白河法皇が月見されたという玉座は現在「月見亭」と称し、眼下に瀬田川の清流、琵琶湖南湖を望む見晴らしの良い所に位置している。


歌川広重 近江八景(魚栄板) 石山秋月
大津市歴史博物館 蔵

 

瀬田夕照

瀬田夕照

 唐橋を制する者は天下を制す」と言われ、天下を目指す武将が上洛を目指して幾多の戦乱を繰り広げた瀬田唐橋は我が国屈指の軍事戦略拠点であった。

瀬田夕照
土佐慶琢 近江八景 瀬田夕照
大津市歴史博物館 蔵

 現在の唐橋も昔と変わらぬ交通の要衝であり車の渋滞が常態化しているが、下を流れる瀬田川は ボート、カヌー、カッター等の格好の練習場として平和でのどかな風景を映し出している。


歌川広重 近江八景(魚栄板) 瀬田夕照
大津市歴史博物館 蔵

粟津晴嵐


 粟津の晴嵐は膳所から石山までの勇壮な松並木をメインテーマに描いたものである。 現在は当時の松並木は見られないが、御殿浜から晴嵐に至る湖岸なぎさ公園には何年か前に植樹された松並木が立派に成長しつつある。 あと20年もすれば往時を偲ばせるような素晴らしい眺めになることだろう。


土佐慶琢 近江八景 粟津晴嵐
大津市歴史博物館 蔵

 北に膳所城跡公園・近江大橋、対岸の湖東に近江富士・伊吹を眺める景観は近江路ならではのもの。



歌川広重 近江八景(魚栄板) 粟津晴嵐
大津市歴史博物館 蔵


ページトップへ

 

Setagawa.net MENU

Copyright 瀬田川流域観光協会 All Rights Reserved.