石山寺 秋月祭


石山寺 秋月祭


中秋の名月と二千個の灯火が紫式部の世界へと誘います

紫式部が参籠し、湖面に映える十五夜の月を眺め、『源氏物語』の構想を練ったと伝わる石山寺。近江八景のひとつ「石山の秋月」で知られていることから、中秋の名月と深い関わりがあります。
そのことにちなみ、毎年中秋の名月の日に開催します。石山寺から眺める月は『日本百名月』にも認定登録されています。
期間中は、境内がグラスキャンドルや行燈でライトアップされ幽玄な世界が広がり、本堂では源氏物語に関連したコンサートなどを行います。



秋月祭の風景


石山寺 秋月祭 風景


その他のイベント

源氏物語に関連したイベントを開催予定です。内容については確定いたしましたらこちらでご案内いたします。



詳細情報

開催日:平成30年9月23日(日)/24日(月)<中秋の名月>
開催場所:大本山石山寺
時  間:18:00〜21:00(最終入山 20:30)
入山料:夜間600円(18:00〜21:00)※昼間拝観は600円
お問い合せ:一般社団法人 石山観光協会 TEL077-537-1105










詳しくはこちら
ページトップへ

 

Setagawa.net MENU

Copyright 瀬田川流域観光協会 All Rights Reserved.