オススメ観光スポット

アクア琵琶

アクア琵琶

すぐそばにある瀬田川洗堰と南郷洗堰の歴史・仕組みについてや、琵琶湖に関する様々なことが分かります。映像機器や模型を使って分かりやすく説明されています。
クイズコーナーや学習コーナーが豊富で、大人から子供まで楽しめます。

石山寺

石山寺

石山寺は、紫式部が源氏物語の着想を得た地として有名な寺です。本尊の如意輪観音像は霊験あらたかな観音様とあがめられ、平安朝の頃から「石山詣」が盛んになり、いまも西国三十三所のひとつとして参詣者が絶えない。

岩間寺

岩間寺

正式には、岩間山正法寺と言い西国巡礼十二番目の札所である。
本尊の「千手観音像」は、俗に汗かき観音・雷除け観音と呼ばれ、開運・厄除けの観音様として名高い。

雲住寺

雲住寺

ムカデ退治に活躍した藤原秀郷(俵藤太・たわらとうた)の追善供養のために15代目の子孫により建立された寺で、この寺は瀬田の唐橋の守り寺にもなっており、瀬田の夕照が眺められる部屋もあります。

幻住庵

幻住庵

ここ幻住庵は俳聖・松尾芭蕉が「奥の細道」の長い旅を終えた後、元禄三年(1690年)におよそ4ヶ月間仮住まいしたところ。
芭蕉は幻住庵からの眺めをこよなく愛し「石山の奥、岩間のうしろに山あり」で始まる有名な『幻住庵記』を綴った。

佐久奈度神社

佐久奈度神社

瀬田川のほとりにあり、平安時代、天皇のけがれを除く七瀬祓所(ななせはらいしょ)の一つであった。その由来により、毎年7月31日には、みたらし祭りが行われる。
もとは川のすぐ近くにあったが、昭和39年の天ヶ瀬ダム建設により現在地に移転した。

滋賀県立近代美術館

南郷水産センター

琵琶湖と比良・比叡の山並を望む瀬田丘陵にある美術館。
近代日本画や戦後のアメリカ・日本を中心とした現代美術、さらに日本画家・小倉遊亀の作品をはじめ、滋賀県にゆかりのある美術作品などを収集、展示している。

瀬田の唐橋

瀬田の唐橋

琵琶湖から流れる唯一の川、瀬田川にかかる橋である。
昔より京への交通の要として存在している。
戦国期には、「天下に通じる橋」として武将達の争奪・兵火にさらされてきた。

立木観音

立木観音

厄除けの観音様として有名。
境内まで約700段の急な石段が続く。弘法大師が、光を放つ立木に観音様を彫ったとされる。

南郷洗堰

南郷洗堰

1905(明治38)年に建設された水位流量を調節する水門施設。
琵琶湖の水位安定に大きな役割を果たしてきた施設で、レンガ造りの古い洗堰の一部が今も残っている。

南郷水産センター

南郷水産センター

瀬田川洗堰(南郷洗堰)のすぐそばに建つ「さかなと自然と人間とのかかわり」を考える魚のテーマパーク。水産資料館では、琵琶湖に生息する魚の生態を学ぶことができるほか、大小50に及ぶ鑑賞池、養殖池、釣り堀池もあり、鯉への餌まきや、放流された魚のつかみどりなどを体験できます。












ページトップへ

 

Setagawa.net MENU

Copyright 瀬田川流域観光協会 All Rights Reserved.